ホーム>ブログ>パン
イメージ画像

パン洗練された「簡素さ」、基礎的技術の「エスプリ」、日常生活の巧みな「並列」
これを目指すmutsuko shimazuのブログです。

バレンタイン  新学期    島津睦子ケーキングスクール

2015127212450.jpg梅 開花 の頼りが届き 立春も間もなくです。

レイアウトのハートは何でしょう・・・・・

バレンタインのクッキー?
しかし  良く読めば ドイツのレセピ!が書いてあるような・・・とすると  パン?!

2015年度9月新学期 の新クラスのご案内~~~の1部 です。

「サンタクロースのパン教室&アフタヌーンティータイムのケーキ」・・こんな 少し
よくばりなクラスが始ります。
そう このレイアウトは「サンタクロースのパン教室」に掲示されるパンのレセピです。

このクラスに 難しいものは皆無!
  パン&シンプルフレンチ ・・・ケーキのクラスです。
本当に楽しむ 原点に戻ります。

少し早いのですが 今年のクリスマスはサンタクロースのパンと フレンチ おせちはクリスマディナー?!?!になるでしょう・・・

母~娘 娘~孫 伯母~甥っ子 祖父~孫へと広がる 受け継ぎたいホームメイドの夢が広がるクラスです・・・

新学期の案内が出来上がりました。受付も初めています。

お問い合わせ下さい。 
 

 

 

 

 

武蔵野産   愛  島津睦子ケーキングスクール

201511214437.jpg長い間 愛した「 粉 」が とうとう 無くなってしまいました・・・・

教室を開く時に1番長い時間を掛けたのが 授業に使う 粉を選ぶ事でした。
決めるまでに どれだけ多くの粉と会話をかわしたことでしょう・・・・・


ドイツで学んで初めて気がついた 多様な粉の個性!
粉の特製と 家庭製パンの味 そして技能 この3つをつなげるのは 粉!
愛用し多くの方に知って頂きたかった小さな・・粉会社。

去年の初めから いろいろな情報は聞きました。
そして粉の会社が選んだのは 廃業。
潔い 終了の選択は 「らしい…な」・・・・・

あの粉があったからこそ 美味しい手作りのパンを伝えられたと思います。

そして 長い時間が過ぎてみればたくさんのパン屋が出来 簡単に毎日パンを焼く器械も出回りバラエティーの多いパンを24時間買えるコンビニが街に目立ちます。

粉もすっかり変わりました。
難しかったパン作りが見た目はそこそこの仕上がりになる粉が増えています。
しかし
選挙の投票率が下がるように 本物を好む人口も下降線だと感じます。
世界が変わってきている・・・

だからこそ 大切なものを見失わない事。 教室でも伝えていきたいです。

毎日 試作を重ねています。
武蔵野市にはとても良い麦を栽培するファームが頑張っています。
私の毎年の麦の評価は 残念ながら 農水省・農協の政策の愚かさを証明しました。

小麦1つでも「 国」と言う大きな組織を勉強出来ます。

賢き人生を選ぶとは?・・・・ パンを焼きながら思う昨今です。


 

   マイスター   島津睦子ケーキングスクール

2014929101614.jpg9月が過ぎ 新学期の慌ただしさも落ち着き始めました。

今期もたくさんのメニューで皆さまとの勉強時間を楽しみにしています。

今月 肉料理には季節の梨をふんだんに使って見ました・・・
バルサミコとマディラ酒で 秋から冬のおもてなしが楽しんでいただけますでしょう・・梨は林檎に変えるのも季節を表して素敵です。

其の肉料理には 如何ですか・・・「満月」とよばれる 大きなこのパンを!

「パンを主役」と心懸けながら やはり パンと料理 その両方が1つの 味を作り上げてこその食事ですね・・・

文化を感じるパン教室でありたいと楽しんでいるだけに
「料理も楽しみ !!」 と 言っていただくと  我が 胃袋の胃壁が 美しい地層模様を醸しているような場面が浮かび  学生時代から経験してきた数えきれない「食」の歴史を刻む胃袋を愛おしく思います。

食べることは太古から 現実そのものですもの 「正しい食 」は人そのものだとは思われませんか?

これからは美味しいものが次々と登場します。美味しい野菜をいただけばそれで天然酵母も取り出せるし・・・忙しい 季節  師走に向かうとは こう言う事??

パン・ケーキ教室  グルテン作り    島津 睦子ケーキングスクール

20149221274.jpg

 

 

 

さアー新学期   皆さまと2カ月ぶりです。 夏の思い出を伺うのが待ち遠しいです。

私は 新学期に向けて 粉チェックに時間をさいています。
もちろん「師範科」と同じです。生のグルテンを作ることから始めました。

そして シンプルな配合で 捏ねを水和を強さを時間を・・と1つ1つパンと話をしています。

簡単に作れる粉が出回っているのを 見つけるのも おもしろいです が つまらなくなってきます。
パンに「ゴメンナサイ」と謝りたくなってしまうのです。何故なのでしょうネ
粉が香りたつような焼きあがりにならないとパンの楽しさでは ないと思うから。

アメリカは大干ばつ・国内産の小麦の収穫地の多くは豪雨です。
これから秋まきの麦はどの様に育つのか・・・・毎回ハラハラ・ドキドキしそうな今学期になりそうな予感がします。

気を引き締めて 行きます! 

新学期すぐに 無花果のケーキやエンガディナータルトを焼きます。季節は焼き菓子の美味しさが嬉しい時・・・・