ホーム>ブログ>日々の事>マイスター   転職!!!    島津 睦子ケーキングスクール
イメージ画像
日々の事洗練された「簡素さ」、基礎的技術の「エスプリ」、日常生活の巧みな「並列」
これを目指すmutsuko shimazuのブログです。

マイスター   転職!!!    島津 睦子ケーキングスクール

2015216221037.jpg

「10年過ぎたら メンテナンスをしておいた方が良いですよ・・・」と11月27日のブログに書いた「壁ドン!」君の親方のすすめで

屋根から外壁全てのメンテナンス工事が始まりました。約1ケ月掛かる予定です。

厚み4cmのタイルの目地 全てを埋めていく作業開始・・・・・しかも 「希望は今まで通り 目地は5ミリはひっこんでいるよう(タイルとめじ)がフラットにはならない事!」

この注文は大変な手間と難しさが伴うらしいです・・・・が私はそれが好みナノデ・・・・頑張って貰える様に手作りt菓子で「ありがとう&宜しく」
を伝えています。

ささやかな我が家1軒とは言え 外壁のタイルのすべてを大きな絞り袋に口金をつけ 両手で(めじ)にセメントと水油の練ったものを絞り出し埋めていくのです。
手間のかかる作業が続きます。

興味深い手仕事で ずうっと見ていました。

ケーキのデコレーションを上手にするコツと通じるものがあります。

思わず「右手で絞るのよ・・・左手は添えるだけ・・」と言ってしまいそうです。

セメントの濃度の決めては生クリームと同じでした。柔らかすぎると だれる・・硬いと 絞りにくい・・混ぜすぎてはいけない ゆっくりだとセメントが固くなる・・・・・・

合羽橋で絞り袋は買うそうです。 セメントのドロドロ状のものを袋に一杯入れ 絞りだすのですが絞り袋の先が2重になっていないので 裂けてしまい 太いビニールテープで何重にも巻いてあります。 細かい作業がし難い様子・・・・・・
 背丈もあるような大きなウエディングケーキ用の もすごく大きなイギリス製の絞り袋が教室に有る事を思い出し使ってもらうことにしました。
二重になった先や柔らかいけれどしっかりした袋は 役立ちそうです。

しかし職人さんの仕事姿は美しいですね・・・・「職」は耳・音・手を1つにしているのをつくづく感じます。

「私もリタイアしても 何だかこの 仕事が出来そう・・・・」と3時のお茶の時に話したら

『おんなじ仕事を続けてるっからおもしれえんだヨ!

手仕事は上手くなるのに終わりは無えっから・・やればやるほど工夫することが有ってよ・・

こんな旨い菓子作ってんだろ・  大事に死ぬまでヤレヨ・・・周りが幸せだからよ!』

こんな風な「壁ドン」は良いものです・・・・・。又 仲良くなれそうな人と巡り会いました。     皆様にもしばらくご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mutsuko-shimazu.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする