ホーム>ブログ>日々の事>王妃   チョコレート   島津睦子ケーキングースクール
イメージ画像
日々の事洗練された「簡素さ」、基礎的技術の「エスプリ」、日常生活の巧みな「並列」
これを目指すmutsuko shimazuのブログです。

王妃   チョコレート   島津睦子ケーキングースクール

2014121512246.jpgストックホルムに初めて行ったのは クリスマスシーズン・・・ 繊細な金細工に魅かれ購入したオーナメントは大事に今でもリビングに飾っています。

ストックホルムからは ノーベル賞関係の話題が次々届きます。

落ち着いた街並み 受賞式の行われるコンサートホール 晩餐会が華やかに広げられる市庁舎etcの映像に 街の色・音・匂い・風・空気などを思い出しました。
王妃の隣席で笑顔を絶やさず会話をされる 天野教授の話が聞こえてくるように思えます。南アフリカ・慈善事業などの会話だったそうですが あらゆる 能力を備える3人の物理学者の姿は 年末を明るくLEDのように照らしました。

島津製作所の 田中 様  京都大学の山中教授 のノーベル賞受賞の時に 本当のメダルとそっくりなノーベル賞チョコレートが私のところにも回ってきて ブログや教室で皆さまと味わい 楽しみましたネ

晩餐会のメニューは如何にも北欧らしく感じました。
デザートの「ブラウンバターのスポンジ」は好きなスポンジの1つなので早速焼きました。焦がしバターの風味はシンプルだけに品良い美味しさ・・あの晩餐会で出たスポンジと比べてみたいと ちょっと思ったりもしています。

前菜の「タラバ蟹とえんどう豆の寄木細工風にはレモン風味のピクルスが入り カリフラワーのクリームスープかけとともに魅かれます。
これからのシーズン 蟹の美味しいものが日本でも手に入りますから ぜひ 試作を重ねてみます。

来期のメニューに入るかも知れません「晩餐会のおもてなし・・・」

ご家族も正装をしての素晴しい晩餐会・・・立派な後継者が日本で育たれていることを
拝見し心嬉しい師走です。
 


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mutsuko-shimazu.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/26

コメントする