ホーム>ブログ>教室のこと>其処のけ 此処のけ    ドイツ菓子    島津睦子ケーキングスクール
イメージ画像
教室のこと洗練された「簡素さ」、基礎的技術の「エスプリ」、日常生活の巧みな「並列」
これを目指すmutsuko shimazuのブログです。

其処のけ 此処のけ    ドイツ菓子    島津睦子ケーキングスクール

2014117215914.jpg北海道に 雪!!  日本のあちこちの 山も薄っすらと雪景色!!のニュース。
ドイツでは
この季節になると パン屋・ケーキ屋の店頭には勿論! ショップ・オフィス・ホテル等に飾られる大小の
ヘクセンハウスはドイツの文化に忘れてはならないものです。

 教室でも マイスタークラスまで学ぶ方の修了証には{  ヘクセンハウス}をつくるのは必須科目なのです。

ケーキはパンが基本・・・・が納得できる ヘクセンハウス  皆さまの家庭に飾られたコーディネイトをフォトで拝見したいです。

毎年  緊張と期待とアイディアあふれた満足感は やはり 一軒の家を完成させた達成感に近いものがありますね!

1回目の授業 全員の方のヘクセンハウが美しく仕上がり拍手拍手!!!!
後は 壊れぬように「其処のけ此処のけ」で持ち帰る大事業がありますが・・・・
 

このヘクセンハウスを作る事から 教室のクリスマスへの楽しみが1つづつ増えていくのは楽しい時間です。
新年になって 1枚・1っ個と外しながら味わえば ドイツに根ざす食文化の深さと世界遺産の京都の懐石 共有していただければ 嬉しいです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mutsuko-shimazu.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/23

コメント(4)

「丁寧にしないと後で大変なことになります!!」との壁の貼り紙を横目に緊張の作業でしたが、無事完成!休日の吉祥寺、新宿、できるだけ人の少ないところを通り抜け帰りました。
小物をたしたり、雪を降らせたりの作業も完了。先週から飾り場所を用意して待っている姪に届けます。家族の団らんを彩ってくれることと思います。
こんなに楽しく、素敵なものが出来上がる!これは毎年作らなきゃ!と思っています。シュトレンの後はヘクセンハウスですね。ありがとうございました。

必須科目のクリスマスヘクセンハウス、とても楽しいレッスンでした。

生地の扱いから組み立てまで、どの工程においても集中力が必要とされ、基本的な作業ばかりなのだけど、それで出来栄えが変わるような気がしました。
じつは私、かなり感動してました!! 達成感も半端ないです。~邸というほどの家ではありませが、嬉しくて愛おしくて毎日眺めてます。

持ち帰る大事業・・・確かに(-_-;)  風呂敷を持って来た方がいらっしゃいましたが、布一枚でどんな形や大きさでも包める!  改めて日本文化は素晴らしいと思いました。

新年になって味わう日が楽しみですね。

先生、必須科目にしてくださって有難うございました。

いつか作りたいと思っていたので、今度のヘクセンハウスの授業楽しみにしています!

今年、申し込めば良かった~(。>A

コメントする