ホーム>ブログ
イメージ画像

ブログ洗練された「簡素さ」、基礎的技術の「エスプリ」、日常生活の巧みな「並列」
これを目指すmutsuko shimazuのブログです。

Rの月  サンタクロースのパン教室   島津 睦子ケーキングスクール

2015330223257.jpg桜 開花   入学式    入社式・・・・・と春一杯になりました。
 

しばらく休みました ブログに たくさんのメッセージをいただき恐縮しています。

「私の1日は36時間!」と走り続けた 私にイエロ^カードが見えました。気持ちが です。
今回は素直に従う気になったのです。

常に前を見つめたいのなら心に余裕がないと駄目です・・・ともう一人の私が警告したのです。

本を3冊読みました。音楽会には4回行きました。会食の機会も3回持ちました。 
桜は中央線の市ヶ谷の土手を大学の研究室に向かい歩いた時と井の頭公園に開花状況確認に行き堪能しました。

休みの日には 自然種酵母のお守り役で過ぎています。

全てが仕事を終えてからではありましたがリフレッシュ完璧です。 相変わらず1日28時間の感じではありましたが イエローカードは消えました。

五島列島の牡蠣も3月11日で終わりました。その前に来期の教室のお料理のメニューの試作とレセプトも出来ました。。
思わず白ワインを開けるほど 我ながら おいしい! と悦に入ってしまいました。
 

サンタクロースのパン教室のメニューは かなり 楽しみにして下さい。このクラスもレギュラー入りになりそうです。

4月に入ると教室に訪ねて来られるのは沖縄からの生徒さんです。久しぶりにお目にかかるのが楽しみです。

TVに毎週出演していたころにたくさんの男性が入学されました。
今も続けておいでの方達はプロ級になっても「高尚な趣味」として楽しんでいらっしゃいます。

私も襟を正し向き合います。

 

 


 

新学期   五十の塔??    島津睦子 ケーキングスクール

 

新学期の申し込みも始まり 満席のクラスもでています。
案内書以外のクラスを増設もしました。

今学期に入り
公私のいろいろな課題が 五十の塔のように重なり パワー一杯の私も流石に 現在 思考回路が渋滞し始めています。

それだけに 一層 健康に留意し時間を作りたいです。


しばらく ブログの更新が気ままになりそうです。お許しください。

マイスター   転職!!!    島津 睦子ケーキングスクール

2015216221037.jpg

「10年過ぎたら メンテナンスをしておいた方が良いですよ・・・」と11月27日のブログに書いた「壁ドン!」君の親方のすすめで

屋根から外壁全てのメンテナンス工事が始まりました。約1ケ月掛かる予定です。

厚み4cmのタイルの目地 全てを埋めていく作業開始・・・・・しかも 「希望は今まで通り 目地は5ミリはひっこんでいるよう(タイルとめじ)がフラットにはならない事!」

この注文は大変な手間と難しさが伴うらしいです・・・・が私はそれが好みナノデ・・・・頑張って貰える様に手作りt菓子で「ありがとう&宜しく」
を伝えています。

ささやかな我が家1軒とは言え 外壁のタイルのすべてを大きな絞り袋に口金をつけ 両手で(めじ)にセメントと水油の練ったものを絞り出し埋めていくのです。
手間のかかる作業が続きます。

興味深い手仕事で ずうっと見ていました。

ケーキのデコレーションを上手にするコツと通じるものがあります。

思わず「右手で絞るのよ・・・左手は添えるだけ・・」と言ってしまいそうです。

セメントの濃度の決めては生クリームと同じでした。柔らかすぎると だれる・・硬いと 絞りにくい・・混ぜすぎてはいけない ゆっくりだとセメントが固くなる・・・・・・

合羽橋で絞り袋は買うそうです。 セメントのドロドロ状のものを袋に一杯入れ 絞りだすのですが絞り袋の先が2重になっていないので 裂けてしまい 太いビニールテープで何重にも巻いてあります。 細かい作業がし難い様子・・・・・・
 背丈もあるような大きなウエディングケーキ用の もすごく大きなイギリス製の絞り袋が教室に有る事を思い出し使ってもらうことにしました。
二重になった先や柔らかいけれどしっかりした袋は 役立ちそうです。

しかし職人さんの仕事姿は美しいですね・・・・「職」は耳・音・手を1つにしているのをつくづく感じます。

「私もリタイアしても 何だかこの 仕事が出来そう・・・・」と3時のお茶の時に話したら

『おんなじ仕事を続けてるっからおもしれえんだヨ!

手仕事は上手くなるのに終わりは無えっから・・やればやるほど工夫することが有ってよ・・

こんな旨い菓子作ってんだろ・  大事に死ぬまでヤレヨ・・・周りが幸せだからよ!』

こんな風な「壁ドン」は良いものです・・・・・。又 仲良くなれそうな人と巡り会いました。     皆様にもしばらくご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします。

バレンタイン  新学期    島津睦子ケーキングスクール

2015127212450.jpg梅 開花 の頼りが届き 立春も間もなくです。

レイアウトのハートは何でしょう・・・・・

バレンタインのクッキー?
しかし  良く読めば ドイツのレセピ!が書いてあるような・・・とすると  パン?!

2015年度9月新学期 の新クラスのご案内~~~の1部 です。

「サンタクロースのパン教室&アフタヌーンティータイムのケーキ」・・こんな 少し
よくばりなクラスが始ります。
そう このレイアウトは「サンタクロースのパン教室」に掲示されるパンのレセピです。

このクラスに 難しいものは皆無!
  パン&シンプルフレンチ ・・・ケーキのクラスです。
本当に楽しむ 原点に戻ります。

少し早いのですが 今年のクリスマスはサンタクロースのパンと フレンチ おせちはクリスマディナー?!?!になるでしょう・・・

母~娘 娘~孫 伯母~甥っ子 祖父~孫へと広がる 受け継ぎたいホームメイドの夢が広がるクラスです・・・

新学期の案内が出来上がりました。受付も初めています。

お問い合わせ下さい。 
 

 

 

 

 

オリンピック  魔術士   島津睦子ケーキングスクール

201513118275.jpg 凍えるような空気と澄み切った青空の1日がはじまる 誕生月が好き!
きっとこの世に生まれ出た時に感じた冬の感覚が鮮明 なのでしょう・・・

美味しい河豚も頂き 滋味溢れるステーキを焼いて貰い 大好きな弥生姫苺も味わいました。

そして

憧れのフェルメールの全作品を一同に鑑賞する至福の時間を持ち

その上 〆は

感動で言葉がないほどのコンサートでした!!!!!!

1840年創立のロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団はその長い歴史の中で今年が 初!の来日です。
席をとるのが大変と聞いていましたので初めて経験する場所「 RC7列1番」にかなりの不安がありました・・・・・・・・が カラヤンの再来と言われる指揮者ヴァシリー・ペトレンコの指揮する繊細で華麗な指先・タクトの微妙なしなり方までも分かる良い席でした。
「指揮者の魅力」というものを始めて経験でき新しい分野での音楽の楽しみを見つけました。きっと
私は今回指揮者 ペトレンコに魔術をかけられたようです。

ファンファーレが晴れやかな盛り上がりを奏でるショスターコッヴィチの祝典序曲で始り
ホルンの美しい旋律に聞き惚れる交響曲で終わります。

若き指揮者と 大陸的でありしかも伝統の中で洗練されつくした高貴なフィルハーモニーの奏でる演奏会は これからもチェック!です。

プログラムの2番は
軽井沢の初演奏以来 ずうっと 追っかけています「辻井 伸行」さんです。

今回は

ピアノ協奏曲の演目 は最も難しい作品の1つと言われる 「ラマニノフ」の曲でした。
私の幼い言葉では その超絶な演奏技巧の感動を表わせません・・・・・・

観客席は全員の高揚した熱気で満ちているのですが 圧巻の演奏に魂を奪われ 静寂なのです。しわぶき1つない・・・・
そして
両手が痛くなるほどの拍手が止みません・・・・・・

本当に世界の「辻井」さんになって来ていらっしゃいます。
トップクラスの方々との共演を重ね 素晴らしい才能を益々開花されていることが分かります。
「学びは何事も 一流でなければいけません」と常に口にされる方の姿を思いました。

東京オリンピックの音楽は絶対「辻井 伸行」さんに作曲をしてもらいましょう
日本が誇る若きピアニストは作曲家でもあるからこその演奏です。

「オリンピックの音楽は辻井さんに!」の署名活動を始めたいです。

こうして
幸せな誕生日を過ごせましたことに 感謝して立春を迎える 島津 です。

 


 

 

生物学者   感動   島津睦子ケーキングスクール

 

2015126173614.jpg

お薦めです!
ぜひぜひ!
絶対 行っていらっしゃい!

以前にも ブログ記事にしたのですが 又 フェルメールです。

「真珠の耳飾りの女」を始めてみた時から 魅了されているのですが
僅か 37点の作品しか残さなかったフェルメールの絵を追いかけるのは 至難と思いながらも出来るだけ追っかけをしてきました。

今回 全作品37点が一同に展示されているのです。

フェルメールの作品を作成順に見ることで フェルメールの世界を私なりに掴む1歩が出来た気がします。

「良いものは たくさんは作れない」 は  絵画の世界も同じなのですね・・・

窓から入る光の柔らかさは 私の心臓を今 同じタッチで包みこんでいます。
清明な表現は 心揺さぶる ものがあります。

生物学者の研究と重なるメッセージ・・・・・

知らないことばかりなのだと 衝撃を受けましたが だからこそ 毎日が楽しい 1日が短い

多くを語りません。
ただ お薦めしたいのです。
感動を共有できるかどうかよりも やはり 体験していただきたいのです。
 




 

武蔵野産   愛  島津睦子ケーキングスクール

201511214437.jpg長い間 愛した「 粉 」が とうとう 無くなってしまいました・・・・

教室を開く時に1番長い時間を掛けたのが 授業に使う 粉を選ぶ事でした。
決めるまでに どれだけ多くの粉と会話をかわしたことでしょう・・・・・


ドイツで学んで初めて気がついた 多様な粉の個性!
粉の特製と 家庭製パンの味 そして技能 この3つをつなげるのは 粉!
愛用し多くの方に知って頂きたかった小さな・・粉会社。

去年の初めから いろいろな情報は聞きました。
そして粉の会社が選んだのは 廃業。
潔い 終了の選択は 「らしい…な」・・・・・

あの粉があったからこそ 美味しい手作りのパンを伝えられたと思います。

そして 長い時間が過ぎてみればたくさんのパン屋が出来 簡単に毎日パンを焼く器械も出回りバラエティーの多いパンを24時間買えるコンビニが街に目立ちます。

粉もすっかり変わりました。
難しかったパン作りが見た目はそこそこの仕上がりになる粉が増えています。
しかし
選挙の投票率が下がるように 本物を好む人口も下降線だと感じます。
世界が変わってきている・・・

だからこそ 大切なものを見失わない事。 教室でも伝えていきたいです。

毎日 試作を重ねています。
武蔵野市にはとても良い麦を栽培するファームが頑張っています。
私の毎年の麦の評価は 残念ながら 農水省・農協の政策の愚かさを証明しました。

小麦1つでも「 国」と言う大きな組織を勉強出来ます。

賢き人生を選ぶとは?・・・・ パンを焼きながら思う昨今です。


 

2045年?   初夢    島津睦子ケーキングスクール

20151421733.jpg夢・未来・希望・・・・・

そんな言葉が 脳の中を回り始めて・・・・新年を迎えています。
 

1日5時間ずつのスピードで人間の寿命がのびている・・・元旦の記事を読み
改めて 人生をどう過ごすのかを考えていました。

このスピードが続けば30年後には 平均寿命は100歳!!

人生は長くなり たくさんの夢を持つことが可能となり更に 希望が溢れるのだ  と知れば
輝くような 明るい気持ちになりませんか・・・

その頃の「基本」とは一体どのようなものの事を言い それを私は受け入れられるのか・・・

たとえ「食」1つをとっても 随分 変革しているに違いないでしょう・・

カチコチの頭になっていないように ソフト ランディングを目指します。

少しのんびりと 我が人生を楽しんでみましょう・・・。
 

年賀状を有難うございました。  この場からの挨拶をお許し下さい。
20年振りに教室で学びたいと言う連絡もありました。
その 心が何よりも 仕事には大切な向上心だと思っています。

このブログで  今年も 徒然なるままに ・・・・・・   

おめでとう!!    1本    島津睦子ケーキングスクール

20141231233226.jpg2015年 未年・・・・・・

1本の道が見えてきたように思います。
これまでの
長い道程も 常に「 これこそ!」と思える熱い月日でした。

「未」の毛のように 温かく 深いそして素朴で美しい 道を進みます。

当たり前の平和を  欠かせぬ絆を  何よりも大切な健康を 心に沁み込ませ 実行しながら
真直ぐな1本の道を柔らかく力強く歩みます。
 

1本の麦を中心に広がった私の世界は小さいけれど 光輝くものです。

有難う・・・・の言葉を胸に新年が始ります。


 

70 Years after World War II  島津睦子ケーキングスクール

201412261279.jpg2014年も残り僅かとなりました。

クリスマスの
25日はあるシンボジュームに1日参加してきました。

来年は戦後70年にもなるのだと 改めて思い 昭和史の勉強をする必要も感じます。
2015年は 国際政治の大きな地殻変動を理解し 変わるであろう世界情勢をしっかり知る年にしたいと思いました。

振り返れば 私には 例年になく 遊びの少ない真面目に毎日を過ごす1年でした。とくに
新学期に入っての6ケ月はベテランが退社したあとの新スタッフとの流れを作るのにあっと言う間もなく師走突入です。
お陰さまで
念願のマイスタークラスの授業はとても良い流れになり ようやく 集大成への道は安心できる方向になりつつあります。
 

大手町からディナーの為に丸の内に向かいしばらく散歩をしました。


東京駅がとても美しくライトアップされています。
クールな色なのですが とても 温かな印象を与えています。
東京駅が見続けた100年の歴史には日本の様々な大きな出来ごとがありました。

美しく端然と佇む駅舎の輝きに元気をたくさんもらいました。
ハートには上品なライトアップの輝きが灯りました。

皆さまも新しい年をどうぞ 健やかにお迎え下さい。